理想の住宅を手に入れる準備|夢のわくわくマイホーム

Real estate

ローンの計画

毎月住宅ローンを払っていく

分譲マンション不動産物件でも、一戸建て不動産物件でも住宅を購入するためには、審査のあと住宅ローンを払っていくことになります。 大きな買い物になりますので、現金で購入するという方も少なくて、審査の後住宅ローンで支払っていくことになります。 毎月の支払いは大変ですが、夢のマイホームのためのものなので、がんばって多くの方が支払っていっています。 分譲マンション不動産物件の場合と、一戸建て不動産物件の場合は価格的には一戸建て不動産物件のほうが敷地も広く高額なイメージがありますし、実際に高いものも多かったりします。 しかし、最近では建売り一戸建て不動産物件などお手ごろなものなども多くなってきていて、価格的に買いやすいものも多いです。

いろいろな支払いをあわせると一戸建て不動産物件のほうが安い

そして一戸建て不動産物件の場合は住宅ローンなどを支払っていれば毎月いいですが、分譲マンション不動産物件の場合は住宅ローンだけの支払いではなく、マンション関係の支払いがいろいろあります。 マンションが将来古くなってきたときに、修復はマンション側がしてくれます。 その修復代などを毎月修繕積立金として支払っていったりします。 そして管理費なども必要になってきますし、そのほかに自動車を所持してる方などになると、駐車場代なども必要になってきます。 そういったいろいろなものを足していくと、一戸建て不動産物件のほうが安くで購入することができたりもします。 駐車場代もかからなく、自分の敷地に自動車を止めておくことができます。