理想の住宅を手に入れる準備|夢のわくわくマイホーム

Real estate

かかるお金を知る

契約は慎重に時間をかけて

注文住宅を設計する場合どこが契約のタイミングかが分からず、建築会社のいいなにりなる人もたくさんいます。しかし何千万円という高額な費用を支払うのにも関わらず契約書というのは一枚だけという建築会社もあるのです。こうした一枚の工事請負契約書に一回サインと捺印を行うとそれで数千万円を支払うことになるのです。サインをするのは一瞬の出来事ですが、工事用の図面の確認、重要事項説明、約款などたくさんの確認事項があります。契約しましょうといわれこうした書類を出されて簡単に建築会社に都合がよいように説明されて署名捺印を求められそれに従うということは絶対にしてはいけません。この署名捺印以降解約したいと思っても簡単に解約することは難しく必要のない費用を支払わなければならないというケースもあるからです。

注文住宅を契約する前に

契約する際には事前に重要事項や約款などを建築会社からもらい家でゆっくりと一読することも場合によっては必要です。注文住宅を建築する際には特にこうした書類以外にも間取りをしっかり確認する必要があります。注文住宅の場合、契約までにいくつもの図面が作成されることも少なくありません。契約時に添付される図面がこうした打ち合わせを反映させたものであるかをしっかり確認する必要があります。契約までに商談の中で設置しますといわれたサービス品などに関しても契約書に記載されているかどうかをしっかり確認する必要があります。注文住宅の契約では契約時に添付されている図面がすべての基本になります。契約後に細かな変更点は変更合意として無料で契約しなおすことも出来ますが、ここでは大きな間取りの変更はできない建築会社がほとんどなので注意が必要です。